スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

今年1年を振り返って

2012年12月30日

いよいよ2012年も暮れようとしています。

今年1年の反省と総括を。

今年は1年で歌舞伎44、ストレートプレイ18、
ミュージカル12、バレエ・ダンス11、コンサート4、
その他のイベント18、映画18でした。

純粋にいえば、舞台は89で100には届きませんでしたが、
夏にぎっくり腰になってしまったことを考えると、
よく復活して「一日通し」などができるようになったものです。

歌舞伎・文楽はほぼ1カ月に4回は見ている勘定。
今年も京都南座、大阪松竹差、文楽劇場、名古屋御園座への遠征を含め、
いろいろ拝見することができました。
大好きな仁左衛門さんの演目では、
休演で楽しみにしていた「熊谷陣屋」は観られませんでしたが、
暮れに仮名手本忠臣蔵の「五段目、六段目」を観ることができて、幸せです。
勘三郎さんの復活後の舞台も数多く観ることができたのも
よかったなあと思います。

映画は少なかったですね、これは反省。

今年1年のMVPは、中村勘九郎に。
特に「土蜘蛛」「番場の忠太郎」は、素晴らしかったです。

女方では中村魁春
1月の鏡獅子からすべての作品で輝いていました。


新人賞には、中村壱太郎を。
「曽根崎心中」のお初、そして「仮名手本忠臣蔵」のお軽。
初役としては十分。これからにいっそう期待です。

後半になって伸びてきた中村米吉、坂東新悟、
そして年齢的には中堅ですが、片岡進之介も目を引きました。
進之介は、今までオーラを感じたことがなかったのですが、何かが変わった!
来年は期待します。
片岡愛之介も、肩の力が抜けて「普通」の演技がきめ細かく、味わい深くなりました。

作品賞には、宮藤官九郎の「天日坊」に。
コクーン歌舞伎の明日が見えた。
彼の「大江戸りびんぐでっど」は好きではありませんが、
あれがあったからこそ、
あれを歌舞伎座でやっちゃってたくさんの人が見ちゃったからこそ、
この「天日坊」にたどり着いたと思います。
その意味で、常に挑戦を怠らず、リスクにひるまず、
すべての責任を引き受けてきた中村勘三郎という人のすごさ、
懐の深さに思いを致します。

また、
花組芝居の「菅原伝授手習鑑」も素晴らしかったです。
ただ新しくすればよいというものではなく、
そこに歌舞伎への敬愛と情熱があることが、見てとれました。

あと、
「ラ・マンチャの男」も捨てがたいです。
円熟の上にも円熟がある、という宝石のような作品となりました。
今年、幸四郎は歌舞伎にもミュージカルにも、非常に充実した年でした。

ダンスでは、圧倒的にNoismです。
オリジナリティと完成度の高さ、肉体の芸術と精神性を両方持てる作品は、
そうそうありません。

映画は、東京国際映画祭でやった「No!」
配給が決まるといいなと切に思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の仕事のことについては、
「月刊スカパー!」で歌舞伎俳優や宝塚トップ、ミュージカルスターや
俳優・演出家・落語家の方々にインタビューさせていただき、
また舞台リポートも書かせていただいたりしました。
このお仕事の取材をもとに、ご紹介で他の雑誌からもお仕事を頂戴もし、
大変光栄でした。

また、
夏ごろピアニストの本の執筆が決まり、準備をしてきましたが、
いよいよ来年1月から本格的にインタビューと執筆が始まります。
春までは、そのことでアタマもカラダもいっぱいいっぱいになるのでは、と
いまから緊張しています。
いい編集者に恵まれましたので、力いっぱい挑戦するつもりです。

エンタメ関係以外にも、ご縁に恵まれた年でした。
インタビューのお仕事は、いろいろな方の生き方に触れることができ
とても勉強になります。
これからも、さまざまな分野に目を向けていきたいと思います。

私のモットーは「広く、深く」ですから。

個人的には、
「菅原伝授手習鑑」にゆかりのある場所を
歌舞伎フリークな友人とともにまわったのが今年のハイライトかな?
まさに「広く、深く」な一年でした。

それでは、皆様、よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト
よもやま | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/12/30 20:57

驚異のNoism体験「中国の不思議な役人」

2012年12月25日

Noismの公演を観に、神奈川芸術劇場に行ってきました。
もう、予想や期待の30倍くらいすごかった!

「中国の不思議な役人」といえば、ベジャール作品が有名ですが、
これに勝るとも劣らない!
日本人として誇らしいです。
こんなすごいものが作れるなんて。
こんなすごいものを表現できる集団が全員日本人だなんて。

詳しくはガムザッティの感動おすそわけブログに書きましたので、そちらをご覧ください。


観劇 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/12/26 08:06

浮世絵はグラビアファッション

2012年12月15日

浅草で、浮世絵を見ながら「江戸の年迎え」を感じる会に参加しました。
浅草の「羽子板市」の前身である「年の市」のにぎわいようと、
それを描いた浮世絵について、
正月を迎えるために12月13日に行ったという「すす払い」
その日にちの意味、
大掃除して、胴上げして、忘年会して…という、
現代に残っているいろいろな名残。
とっても楽しいひとときでした。

特に、
「銀座の目抜き通りでモデルにポーズをつけて、流行りの服を着せる」という
今の女性誌と同じことを、江戸の頃もやっていたんだな、と。
「今と変わらぬ」というより「昔と変わらず」といったほうがいいですけどね。

当日は、浮世絵の専門家と履物の専門家がいらして、
とても貴重なお話をたくさん聞けました。
会を企画してくださった方、裏方さんも含め、本当にありがとうございました。

私も、大掃除、しなくっちゃ。


勉強 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/12/16 12:11

「歌舞伎の中のWifeたち」連載開始

2012年12月14日

隔月刊「Wife」の359号(2013年1月号)が発行されました。
今号から1年かけて、「歌舞伎の中のWifeたち」を連載します。

歌舞伎のお話に出てくる「妻」「母」に焦点を当て、
現代にも通じる「女の生き方」に迫ります。

第一回は、『仮名手本忠臣蔵』お軽と、その母おかや
そう、12月といえば忠臣蔵ですから。
今日は赤穂浪士の討ち入りのあった日ですね。

ということで、
ご興味のある方はこちらをご覧ください。
(まだ最新号はアップされていないようですが、近いうちにアップされると思います)

執筆 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/12/14 21:45

1月号脱稿

2012年12月6日

今週、エンタメ関係のお仕事で、
1月号の記事2本の入稿締切があり、無事脱稿しました。
どちらも落語関係です。
初校確認も終わり、ひと安心です。

一つは初めてのお付き合いでしたが、
先方からの直し指示がなく、
紹介していただいた方の顔をつぶさずに済みました。
ありがとうございます。







執筆 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/12/09 02:00

18代目中村勘三郎死去

2012年12月5日

歌舞伎は80歳になっても現役ばりばりで輝ける仕事である。
1本の若木ののびやかさ、みずみずしさが
太く、強く、堅固に枝葉を茂らせ、
そしてやがて節くれだって、枯れていっても
そこに独特の味がそなわる。

57歳は、いかにも若い。若すぎる死である。

彼のこれからを、歌舞伎のこれからを、
「ないかもしれない」などと思ったことがない。

勘九郎、七之助という奇跡の跡継ぎを持って、
幸せすぎる未来の予感は持って行ってくれたことだけでも
よしとしよう。
あえて「歌舞伎界の損失」などという言葉は使わない。
損得の問題じゃないんだ。
彼がいないことが、どれだけ社会をさびしくさせるか。

多くの勘三郎ファン、歌舞伎ファンとともに
合掌
よもやま | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/12/05 08:03

ちょっとこそばゆいけど・・・

2012年11月30日

仕事というものは、信用が第一。
一つの信用が、新たなお仕事を連れてきてくださいます。
今回も、「あの中で一番詳しそうなのはあなただと思って」と、
ご紹介をいただきました。
ありがとうございます!
「鑑賞の達人」とかタイトルに書かれてしまいまして、
そのジャンル、そこまで言い切っていただくのはちょっとおこがましいんですが、
それでも、そう思っていただけている、まかせていただけることに
感謝、感謝です。

よもやま | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/12/01 17:41
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。