スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

三津五郎丈逝く

【2015年2月23日】
昨日、
十代目坂東三津五郎さんが亡くなったというニュースが飛び込んできました。
あまりのことに、言葉もありません。
膵臓がんで闘病されていたことはもちろん知っていましたが、
それほど悪くなっていたとはまったく思っておりませんでした。

事実、テレビなどで拝見する限り、
多少お顔の色が優れないくらいで、非常に活発でいらっしゃる。
今年に入ってからのインフルエンザが肺炎を併発させ、
がんが肺に転移していたためそこからが早かったようです。
とはいえ、
おそらく人前では弱音を吐かず、
淡々と過ごされる方だったとご推察します。
そういう美学の持ち主だったのではないでしょうか。

本日の昼に、長男の巳之助さんが会見に応じていました。
巳之助さんも非常にしっかりとした受け答えで、
なんのゆかりもない私などがうろたえていてはいけないと思いつつ、
まだ気持ちの整理ができておりません。

インタビューをさせていただくため、
青山のお宅にうかがったのは、2011年のことでした。
2011年は、御園座で團十郎さんのインタビューもさせていただいています。
あのとき、お元気だったお二人はもういない・・・。
この世の中は、なんてむごく、理不尽なんでしょう。

勘三郎さんが「何で来るんだよ!」って怒ってますよ。
怒りながら、泣きながら、2人で抱き合っているのではないでしょうか。

衝撃からまる一日、
ようやくご冥福を祈るところまで気持ちが落ち着いてきました。
どうぞ安らかに。
これからの歌舞伎界に、天上から力をお貸しください。

スポンサーサイト
よもやま | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/02/23 19:27

映画俳優のインタビューをしました。

【2015年2月18日】
5月公開の映画に向け、主演お二方のインタビューをしました。
テレビドラマなどでもひっぱりだこのお二人ですが、
とても気さくにお話をしてくださいました。
ありがとうございます。

掲載はまだまだ後。
どんなふうに記事を作成していこうか、
考える時間はたくさんあります。
取材 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/02/19 10:30

歌舞伎俳優のインタビュー

【2015年2月9日】
歌舞伎界の重鎮にしてその芸風を嫌う人は一人もいない、
不動の人気スター・片岡仁左衛門丈にお話を聞いてきました。
対談番組の収録に続いての合同インタビュー。
とても気さくにお話しいただき、感謝。
大変勉強になるとともに、
楽しいひとときを過ごさせていただきました。
「義賢最期」製作秘話、ご自分の若かりし頃のこと、
歌舞伎への取り組み方、
そして、今の若い方々へ、お言葉の数々。
まだ文字数出てませんが、
いい記事にしたいと思います
取材 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2015/02/10 08:54

「女性の視点で読み直す歌舞伎」第14回無事終了

【2015年2月7日】
2/6(金)、東銀座のGINZA楽学倶楽部
「女性の視点で読み直す歌舞伎」講座の第14回
「いつまで生きても同じこと~「曽根崎心中」のお初」を開催、
無事終了しました。

お初は19歳にして、なぜ死に急いだのか。
彼女はいつの時点で死を覚悟していたのか。
「ロミオとジュリエット」や「ヴェニスの商人」など
シェイクスピア作品との類似にも触れつつ、
彼女の科白を丁寧に読み解いていきました。

また、
大ヒットしたのに、230年も上演されていなかった理由、
原作と原稿作品との違い、
常に「革新」と「大ヒット」を連れてくる、この作品の力の源、
60年、ほぼ1人でお初を演じ続ける坂田藤十郎丈の言葉、
などに触れ、
「曽根崎心中」の魅力に迫りました。

前日の雪で、交通機関の乱れなど心配しましたが、
当日は良く晴れて、ひと安心。
参加者の方々と「よかったね」と口ぐちに喜び合いました。
前日に
「講座はどうなるんですか」「雪の場合時間をずらしてもらえませんか」など
ご連絡もいただいたということで、
本当にありがたいと思います。

先月、講座で取り上げたシネマ歌舞伎「日本振袖始」を
ご覧になった方から「とても面白かった」と報告がありました。

講座についても
「お話を聞いていたので、みどころもおさえられたし、よくわかった」と
大変好評で、私もうれしかったです。

来月は3/6(金)13:30~15:30。
「封印切」について
お話しします。
講座 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/02/08 01:05
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。