スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

歌舞伎ビギナーズガイド、第二期を開始しました。

【2014年4月15日】
好評をいただいている
「女性の視点で読み直す歌舞伎ビギナーズガイド」
おかげさまでこの4月から第二期に突入しました。

4/15(火)はその第一回。
「嫉妬の系譜」と題して、女性のヤキモチはどう描かれてきたかのお話を。
とりあげる歌舞伎は「身替座禅」と「豊志賀の死」です。

「身替座禅」は
恐妻家の夫の浮気がバれてタイヘンなことになる話を
コメディ調に描いたもので、ベースは狂言「花子」。

「豊志賀の死」は
三遊亭圓朝の創作怪談噺の一部です。

当月、京都南座で上演している市川海老蔵特別公演
「源氏物語」とも関連付け、
そこに登場する「六条御息所」の嫉妬についても触れました。

どこにでもある痴話喧嘩が、
何百年も語り継がれる芸術になっていくのはなぜか。
そこに伝統芸能の奥深さが存在すると私は思っています。

次回は5月8日(木
クドカンこと宮藤官九郎が歌舞伎に初挑戦して書いた
「大江戸りびんぐでっど」と
鶴屋南北の名作「四谷怪談」を題材に
「仇と知らず妻になった女」について話します。
スポンサーサイト
講座 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/25 10:21
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。